国際コーチ連盟

国際コーチ連盟(ICF)は

国際コーチ連盟(ICF)はコーチング業界とコーチの社会的地位を確立することをミッションに1992年に発足し、米国ワシントンDCに本部を置く団体です。このミッションを促進するために、以下の活動を行っています。

  1. 世界各国のコーチと業界の成長をバックアップする
  2. コーチという職業を守るために基準を設ける
  3. ICFのメンバーが、高い生活基盤を設けるためのサポートをする

また、コーチとしてのスキルや能力を客観的にはかる手段として、以下の認定制度を設けています。

ICFの認定コーチ制度

「コーチの倫理とコンピテンシー」に基づき、世界的なコーチの基準を満たしていると判断されたコーチに与えられる資格です。認定は、実コーチング時間数をもっとも重視しており、コーチとしてコーチングの経験があることが前提となっています。世界各国でも、プロのコーチとして専門的な教育を受けたことの証明となっており、コーチの世界基準となっています。

  • アクレディテッド認定コーチ(ACC)
  • プロフェッショナル認定コーチ(PCC)
  • マスター認定コーチ(MCC)

ICFの認定プログラム

また、ICFはコーチ育成基準を満たすコーチ育成プログラムとして「認定コーチ・トレーニング・プログラム(Accredited Coach Training Program=ACTP)」と

「コーチトレーニング認定時間(Approved Coach Specific Training Hours=ACSTH)を認定しており、私(智玄)が関わっている日本スクールコーチ協会コーチ養成講座は、ACSTHの認定を取得しています。

智玄は、国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ(ICF PCC (Profesional Certified Coach))です。