部分と全体

「部分と全体」とは?

これは、智玄の思想を象部分と全体徴するマークです。

国際コーチ連盟のプロフェッショナル認定を受けたことを機に作りました。

“「丸」書いて「チョン(小さな点をチョンと打つ)」”

部分(チョン)と全体(丸)の関わりを表現していますが、「チョン」は韓国で「情」を表すキーワードであることを知りました。

「部分と全体」は、物理学者ハイゼンベルクの著書「der teil und das ganze」から引用した言葉ですが、アーサー・ケストラーの「ホロン革命」でも論じられています。また「場の理論」にも共通する思想です。

個の確立と組織

  • 自立した個があってこそ、組織は活性化される。
  • 健全な組織があってこそ、個は活かされる。

多様性とネットワーク

  • 多彩、多様な個がつながるとき、新しい全体が生まれる。
  • すべてが同質だったら、ネットワークの意味はない。
    「違いを持ってつながる」ことに価値がある。

個別化と調和性

  • 一人ひとりの違いに注目し、強みを観察。
  • 凸凹の凸(ピーク)をつなぎ合わせれば、最強のチームが作られる。

集合的無意識

  • ユングの説く「個人と集団」「意識と無意識」「集合的意識と集合的無意識」。
  • 人類の長い歴史で積み重ねられた深層意識、集合的無意識に興味を持っています。
智玄は、あなたと社会(あなたの周り)との「関わり」に焦点を当て、Win-Winの関係を築きあげるお手伝いをします。