秋を感じてゆっくり

▲ 秋桜(コスモス)と黄金の稲穂

信州佐久で一仕事の後

長野県の佐久市には、20数年来のお付き合い先があり、私にとっては第二の故郷ともいえる土地です。そこでの一仕事の後、信州の秋を楽しみました。佐久には私の行きつけの春日温泉があります。温泉入るぞ~という「気負い」や「意気込み」が起こらない「まったり」とした「優しい」お湯で、お気に入りです。

ススキと収穫直前の稲穂

コスモス街道(佐久市内山地区の国道254号線)のコスモスは、ほとんど終わっていましたが、温泉に向かう春日地区では写真のように刈り取り真っ最中の黄金の稲穂とコスモス、ススキを見ることが出来ました。数年前までは、お手伝い(お邪魔かも)で、稲刈り体験なども行っていたのですが、もう・・・身体が・・・、腰を痛めてからは無理ですね。
しかし今は身体と対話する術を覚え、身体に様子を聞きながらコントロールし、元気に生活しています。

ぴんころ地蔵

2年前「ぴんころ地蔵」さまにお参り

そう、佐久は健康長寿の土地として注目されており、佐久市野沢には、健康で元気に長生きし、寝込まず大往生を祈願する「ぴんころ地蔵」と名付けられたお地蔵さまがいらっしゃいます。
日本では健康寿命と平均寿命に10歳ほどの差があり、大きな社会問題になっています。「ぴんぴんころり」、社会のためにもとても大切です。頑張るぞ~!?